髪の悩みの脱毛の原因

男性の髪の悩みと言えば、誰もが思い付く事が、頭髪の脱毛による薄毛です。
ある一定年齢以上の男性なら、毎朝、鏡の前で身だしなみをチェックする時間帯に「まだまだ大丈夫」とか、「生え際がずいぶん後退したな」等と、物思いにふける事も多いのではないでしょうか。

この脱毛による薄毛には、様々な原因があると言われています。
まず、遺伝的要因です。
我々は経験的にも知っている事ですが、父親が薄毛等の症状に悩んでいる場合は、その息子も同じ症状に悩む事が多い様です。
医学的な統計調査の結果では、この遺伝要因は母方の祖父から伝わる事が多い傾向になるのだそうです。
つまり母方のおじいさんが、薄毛等の症状に悩んでいた記憶がある男性は、自分も要注意と思って、様々な薄毛対策を行うと良いかもしれません。

次に、年齢的なホルモン分泌が原因となっている事があります。
これはAGA、男性型脱毛症に分類される薄毛の典型的要因とされています。
男性が中年以降のある一定年齢を過ぎると、額の左右の生え際が後退したり、頭頂部の脱毛が進行する共通の脱毛の症例が起こる事があります。
これらの脱毛症を、男性型脱毛症と呼ぶのです。
日本国内では、だいたい1000万人以上の男性型脱毛症の方がいると推定され、放置しておくと、脱毛は止まることなく、進行してしまう事が問題です。
男性型脱毛症の症状が観察された部分からは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンが高濃度で検出される事が知られています。
従って、この男性ホルモンの分泌を抑制する事が、男性型脱毛症の進行を抑制したり、治療方針となったりもします。

そして、食事や生活、ヘアケア等、一般的な日常生活の習慣に起因するものです。
今では常識となっていますが、タバコや過度の飲酒は、頭髪の育毛にとっては大きなダメージがあります。
また睡眠不足や偏った食事、運動不足など、不健康な日常生活も同様です。
頭髪が発毛する為には、物理的な栄養が必要不可欠です。
ビタミンやミネラル、タンパク質、その他もろもろの必須栄養素が不足していては、いくら高価な育毛剤を使用してみても、効果は期待できません。

最後に考えられる原因は、精神的なストレスです。
現代社会はストレス社会と呼ばれるほと、日常的なストレスが多い世の中です。
しかし過度のストレスは自律神経やホルモンバランスを乱し、脱毛症状を起こしたり、育毛を妨げる事は広く知られています。

これらの原因は単独ではなく、複雑にからみあっている事も少なくありません。
これらの原因を追及して、育毛の努力を行う事が賢い育毛対策と言えます。