工場の求人で役立つ資格を取ろう

製造業は多くの求人があり、給与などの待遇も他の業種より比較的良い傾向にあります。そういった中で多くの求職者が集まり、待遇の良い会社ともなるとそれだけ多くのライバルが集まりやすいという事になります。 その中で自分をアピールする為にはさまざまな要素がありますが、資格というのは目に見えて分かりやすく、大きなアピールポイントとなります。工場の場合、資格がないと出来ない作業などもあるので、所持していればそれだけで採用に向けて大きく近づく事になります。 製造関係の会社を希望しているのであれば、あらかじめ有益な資格を取得しておくと就職活動を有利に進める事が出来るようになりますし、経験を積んでさらに良い会社に転職するなど、キャリアアップにも大きな効果を発揮してくれます。

工場での仕事や採用に役立つ資格4選

製造の現場ではさまざまな技能が役に立ちますが、その中でも特にメジャーで役立つものを紹介します。まずフォークリフトです。製造の現場でフォークリフトは欠かせません。重い材料を運んだり、出来た製品を運んだりとあらゆる場面で活躍します。 他には玉掛け、クレーンの2つです。これらは一緒に使う事が多く、玉掛けは運搬する資材などをクレーンについているフックに掛けたり外したりするもので、クレーンは実際に操作を行なう為に必要です。フォークリフトでも運べないような重いものはクレーンを使って運搬しますが、これが扱えるとさらに出来る事が増え、求人をする側にとっても魅力的な人材となります。 最後のひとつは危険物取扱乙4類です。現場では危険物を取り扱うケースも少なくありません。種類は色々とありますが、乙4類は特に需要があります。

これらの資格を取得するにはどうすれば良いか?

フォークリフトと玉掛け、クレーンは教習所に通って取得する事になります。座学や実際に作業を行い、最終的に試験をしてそれに合格すると免許を取得する事が出来ます。教習所なので受講するにはある程度の費用が必要となります。教習所によって金額も違うので、前もって調べておくと良いでしょう。教習期間は短いですが、自動車の教習所のように自分の時間が取れる時に行けるというわけではないので、前もって予定を組んでおく必要があります。 危険物取扱乙4類は試験を受けて合格する必要があります。定期的に試験は行なわれているので学習が十分進んだ時点で受験すると良いでしょう。会社によってはこれらを取得する為に費用面の補助を行なってくれる所もあるので、働きながら取得をしたいという人は求人の段階で確認しておくと良いでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加