工場の求人で短期で働きたい場合のポイント

工場で短期で働きたい場合には、必ず契約期間について確認をしておきましょう。3ヶ月だけ働きたいのに、契約期間が6ヶ月の仕事に応募してはいけません。面接のときに「3ヶ月だけ働きたいです」と相談をすることで、3ヶ月の契約に同意をしてもらえる可能性もあります。しかし、基本的には求人に6ヶ月と書かれていたら少なくとも6ヶ月は働ける人を募集しているということです。 また、求人に「2ヶ月ごとの契約更新」と書かれていたら、とりあえずは2ヶ月働ければOKだが、契約が更新されることが前提なので長期で働ける人のほうが好ましいということかもしれません。3ヶ月しか働けないのに、嘘をついて「6ヶ月働けます」と面接のときに言えば採用される可能性はありますが、後でトラブルになることもあるのでおすすめできません。

面接ではどのようなポイントが見られているの?

工場の仕事では基本的に立ち作業となるので、最低限の体力は必要になります。仕事によっては重いものを持ち運ぶこともあるので、その場合には重いものを持てるだけの力があることもチェックされるでしょう。 入社の時点では体力がなくても、働いているうちに体力がついてくるということもよくあります。健康な人なら、将来性を期待されて採用される可能性もあります。面接では健康であることが重視されています。 さらに、遅刻や欠勤をしてしまうと職場の人に迷惑がかかってしまうので、時間を守って働けるという社会人としてのマナーが身についていることも重要です。面接のときに遅刻をしてしまう人がいますが、基本的には時間を守れない人は採用されません。体力重視であるというイメージがありますが、社会人としての常識が身についていることも大切です。

退職のタイミングについて考えておく

基本的には、2週間前に退職届を提出すればどのような理由があっても退職は認められます。しかし、契約期間が定められている仕事では、なるべく契約期間を満了するまで働くことが理想です。2ヶ月ごとの契約更新となっているならば、遅くとも契約更新の日の2週間前には「契約更新をしません」という意思表示をしておきましょう。 契約の途中で辞めることに比べると、契約が満了したタイミングのほうが円満に辞められる可能性が高いです。企業も有能な人材を手放したくはないので、交渉をされるかもしれません。時給をあげてもらえるなど、条件によっては交渉に応じることも考えておくとよいでしょう。短期で働くことを予定していたが、その仕事が気に入ったので長期で働くことになるということはよくあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加